電気通信

携帯電話会社におけるエネルギー管理コスト削減のためのソリューション

電気通信ソリューションスキーム

携帯電話事業者および電波塔の所有会社は現在、運用コストの4~6割を占めるとされる各社の事業活動に関連するエネルギー管理費用の削減を目指しています。

送電網から切り離された(「オフグリッド」という)携帯電話基地局またはウィークグリッドに接続された基地局の発電はディーゼル発電設備に強く依存しており、その物流コストと供給の問題が運用コストに大きな影響を与えています。


  • facebook
  • twitter
  • google plus

電気通信業界向けソリューションの特徴


ディーゼル発電技術と再生可能エネルギー源を組み合わせるハイブリッドエネルギーソリューションが開発されれば、エネルギーの節約は従来のわずか20%から、バッテリーを最大限に使用した場合には60%にまで拡大することが可能となります。

コンテナ化した「プラグ&プレイ」型の当社モジュールソリューションは3~50kWの出力可変型の電源を採用し、携帯電話基地局の発電要件に適合しています。

極端な条件下における動作のための設計(遠隔地)
取扱い・操作の利便性;遠隔操作
設置期間の短縮化:業界標準コンテナ
ケースバイケースの「アドホック」ソリューション
コスト競争力
エネラは、携帯電話事業者および基地局所有会社の運営コストの削減および最適化のためのフルエネルギーサービスを提供します。

エネラはエネルギーソリューションへの投資のほか、状況に応じて4~6年の期間にわたる事業の運営および維持を行います。料金は、kWh当たりまたは月定額制のいずれかでお客様よりいただいております。

契約の全期間にわたり基地局のエネルギー管理はエネラが受け持ち、一方でお客様は同じ期間中、自社の基地局のエネルギー管理に関与しません。終了時には、一切の追加費用なしに施設の引き渡しを受けます。 

destacado caf destacado caf