太陽光発電設備

オングリッドまたはオフグリッドの太陽光発電施設

太陽光発電設備を利用したソリューション

太陽光エネルギーは、尽きることのないエネルギー源です。
電力は、ソーラーパネル上で受けた日光から直接取得されます。

エネラでは、「ターンキー」または「エネルギー販売」のいずれかのプロジェクト形式で、太陽光発電設備事業を実施しています。これらの設備はグリッドと接続した状態(オングリッド)、あるいはグリッドから切断された状態(オフグリッド)のいずれでも可能です。


  • facebook
  • twitter
  • google plus

太陽光発電パネルを使用したソリューションの特徴


グリッドに接続された(オングリッド)太陽光発電設備に関して、エネラは2007年の創業以来、地上設置事業同様に、公共および民間の建物屋上設置事業でも、国内外で幅広い実績をあげてきました。このような太陽光発電施設の設備容量は、わずか数キロワットのものから数十メガワットまで様々です。

「オフグリッド」の太陽光発電設備の場合は通常、設備を蓄電池バンクに接続してここに電力を蓄積したり、発電装置に接続したりします。いずれの場合も設備には毎回電力の消費を調整するコントロールシステムがあり、、また各コンポーネントの状態もこれで調整されます。これは一般的に「ハイブリッド設備」と呼ばれます。このようなハイブリッド・ソリューション用の設備容量も一般的に、数キロワットから数メガワットまでの幅があります。

他にも、前述のような一般的なハイブリッド発電設備を超える代替設備も存在します。ハイブリッド化した場合、次のようなコンポーネントが含まれる可能性があります。

• 太陽光発電設備
• 蓄電池バンク
• 発電装置
• 風力タービン

エネラでは次の3点について徹底的な研究をしており、これをエネルギーコストの最適化に活かしています。
• 既存の資源
• 現場の特徴
• 顧客のエネルギー消費量

顧客のエネルギー消費量の調査をする際、単に年間消費電力量を調べるだけでなく、顧客毎の消費パターンを把握するという一歩踏み込んだ調査が必要となります。顧客の需要曲線は、状況に応じて最適なソリューションを設計するうえでの主な決定要因です。

エネラは世界トップクラスの各種メーカーと取引関係を築き上げ、広範な現地パートナーネットワークに支えられながら、事業展開する各市場の発展のために尽くしています。

同時に、状況に応じた最高の投資や資金調達の形を求め、エネラからも事業の発案を行っています。これに関する詳細は、「ビジネスモデル」」のセクションをご覧ください。  

destacado caf destacado caf