ミニグリッド

競争価格による再生可能エネルギーの生産の分散システム

ミニグリッドソリューションのスキーム

電力へのアクセスは、国の経済発展のための基本条件です。現在、世界の15億人以上が自宅で電気を利用できない状態にあります。

ミニグリッドの整備は多くの国々において、設置コストが非現実的である送電網および配電網の延長に対して、競争力のある代替策となります。 


  • facebook
  • twitter
  • google plus

ミニグリッドの特徴


ディーゼル発電技術や蓄電技術を再生可能エネルギー源と組み合わせるハイブリッドミニグリッドの整備は、単一のエネルギー源を利用する場合と比べてメリットがあります。

• 風や太陽光などの原材料コストがゼロであるため、コミュニティが負担するO&M(運転管理・保守点検)費用が減少する。
• 天然資源よりもコントロールのしやすいディーゼルのような電源を使用することで、需要管理が改善する。
• 異なる再生可能エネルギー源(冬には風を利用し、夏には太陽光を利用するなど)を採用し、電池を利用して適切な貯蔵割合を達成することにより、環境条件に対応しやすくなる。

ミニグリッドは次の3つのサブシステムで構成されています。
• 発電
• 交流または直流での配電
• 消費または需要

コンテナ化した「プラグ&プレイ」型の当社モジュールソリューションは3~50kWの出力可変型の電源を採用し、ミニグリッドの発電要件に適合しています。

• 極端な条件下における動作のための設計(遠隔地)
• 取扱い・操作の利便性;遠隔操作
• メンテナンス作業の削減
• 設置期間の短縮化:業界標準コンテナ
• ケースバイケースの「アドホック」ソリューション
• コスト競争力

エネラではプロジェクト形式の「ターンキー」型ソリューションを提供しますが、一方でお客様がプロジェクトへの投資を望まない場合は、エネルギー販売に基づくエネルギーサービスの提供の可能性も検討します。

当社の風力タービンWINDERA Sは太陽光発電設備を含むハイブリッドソリューションの補完ともなり得ます。

当社の提供するビジネスモデルについて、詳細はお問い合わせください。  

destacado caf destacado caf