LED照明

LEDと太陽エネルギーを統合した照明のエネルギー効率化ソリューション

 建物や屋外の公共の場でのエネルギー消費の合理化の必要性から、照明の研究および管理に特化したエネラの新業務領域が生まれました。この領域では太陽光発電技術を活用してますますエネルギー効率が高く統合されたソリューションを模索しています。


  • facebook
  • twitter
  • google plus

LED照明統合の特徴


現在でも水銀灯が多数存在しており、大量の電力を消費し、高次のメンテナンス作業が必要であり、よってコミュニティにとっての大きなコスト負担となっています。

公共照明の電力消費削減事業では、LED技術、リモートセンシング、設備のリアルタイム遠隔管理システムの導入により、およそ80%という大きなコスト削減を達成することが可能となっています。

エネラは現在流通しているLED照明を利用した最善のソリューションの統合を実現しています。太陽光発電技術を利用したソーラー街路灯(1枚の太陽電池パネル、複数の蓄電池、チャージコントローラーで構成)を開発し、1日当たり12時間点灯させた状態で最大3日までの自立運転が可能となりました。これは平均日射時間が5時間あれば十分であり、このような環境はアフリカまたはラテンアメリカの大部分の新興国で見られます。

再生可能エネルギー分野では最先端の位置にいるエネラは、お客様毎に異なる本当のニーズを調査する「アドホック」ソリューションを提供します。  

destacado caf destacado caf